-

ローンした時、返済自体をする時には利率を乗せた支払いになるのは周知の事実です。仕事 辞めたい アフィリエイト

カード会社は利益をターゲットにした会社なのですから当然です。

ですが支払う方は、ちょっとでも少なく返済したいとよぎるのが本心でしょう。

利息制限法が適用される以前は年30%近い利息を支払わされてましたが、設けられてからは高利率でも年18%位といくぶん低く定められていますので、とってもリーズナブルになったようです。

今の融資の利子枠は4%位から18%位の幅が用意されていて、使用可能額により設定されます。

使用可能額は申込み本人の信用によって影響します。

総量制限により年の収入の1/3までと決められていますので、年収がどの程度なのか?どのような仕事をしているのか?キャッシングカードの使用履歴はどうなのか?調査され貸付可能金額としてカードの内容が決められます。

カードキャッシングの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各会社でサービスは異なります)と広い範囲があります。

そうしてその幅の中で決定した利用可能額により利子も決まるはずです。

50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年4%といった具合になります。

結局、評価が良ければ、与信金額も良くなり、利息も下がるはずです。

これに矛盾を覚えるのは私だけでしょうか?余談となりますが、カード業者にとって、これらの事実は当たり前なのかもしれませんが、年収の多い人がキャッシングローンの必要があるとは考えずらいですし、万一キャッシングローンを利用した場合でも金利が多かろうが少なかろうがお金の返済に追われる事はないのです。

反対に収入の少ない人は咄嗟に必要なので借りるという方が大抵です。

利率が良くないとお金の支払いに困るなるはずです。

ですので可能枠の少ない人にこそ低金利で使えるようにするべきです。

これは使用する立場としての考えではあります。

これらを念頭に置くと、利率を低くする為にはどのようにすれば良いのか何となく分ったと思います。

現実、これから書く方法で、手続きを申し込む人がほとんどなので教えますと、カードローンの手続きをする時、収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みをするのです。

年収600万円なら200万円。

その審査で全額通ればその分利子が低いカードを手にすることができるのです。

とは言ってもMAXギリギリまで使用しなければならないわけではありません。

15万円でも20万円でも必要な金額だけ利用可能です。

そのうえ利用限度可能範囲が300万円で最低金利年率7%位のローン企業もあります。

その業者に手続きをすればその金融会社の最低利息で受ける事ができるようになるはずです。

どう思いましたか?考え方次第で低金利のクレジットカードを手に入れることが出来るはずです。

自身の年収とローン会社の利子を照らし合わせて、考える事に時間を掛ければ、より良い契約でお金の借入れができるため、しっかりチェックするようにしましょう。

Category

リンク