-

あいにく現実ではすごく変わった実例を除外して金券売店においてクレジットカード払いができる場所は100%に近い確率でありえません。

この理由で、JCB、American Express、Diners clubなどの商品券を活用した直接的でないクレジットカード使用の方法はほとんど全く用いることができないなのです。

それじゃどういう手段を駆使すれば遠まわしに使うクレジットカード使用ができるのでしょうか?と言われればそれは今流行りの電子マネーという総称のEdy(エディ)、Webmoney、QUICPay、だったりSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなど。

本当は、そういうものを使用して間接的クレジットを始める事が出来るのです。

Edy、Webmoney、Smart Plus、またはSuica、VISA Touch、nanacoなどはクレジットで買い付けることが可能なギフトカード:Edy(エディ)、iD、QUICPay、とかICOCA、nanacoなどに慣れていない人から見てみると漫然とハードルが高いインプレッションを思い描く可能性があるかもしれませんが、このような電子マネーというものはたとえるならいつも使っているのと同じのギフト券です。

JCB、MasterCard、NICOSなどのギフトカードとなんら差異はないものなのです。

またこれらの電子マネーというものはクレジットを駆使して容易に取引することができるという点がメリットであるのです。

これらの電子マネーというものは近頃オンラインゲームの支払い始めとして改札やいろいろな販売店他においても駆使する事が出来得るようになってきている。

「当販売店ではカードはご運用になることができません」という風に書かれてあるような店舗での支払いでもEdy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、であったりnanacoなどを使うなら駆使できる実例が色々あるのです(カードポイントが堅実に貯まる)。

言い換えればクレジットが用いられないショップにおいても直接商品を買わずにクレジットを使うことでカードポイント分だけ得してほしいという手段です。

普通、買い出しをしてしまうだけではゲットできないクレジットポイントだから、必ず、実行する事をやってみて欲しいと思います。

Category

リンク