-

外国為替市場介入(為替介入)という言葉はご存知ですか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、テレビのニュースグーグルの情報で見た方も多いと思います。

元来為替介入といえば我が国においては、財務大臣が為替のレートの安定を実現するように施行するやり方として評価されています。

簡潔に言えば、極度の円高もしくは円安になった時に財務大臣の指令によって日本銀行が円を売り買いすることで円相場を安定化させることを言います。

外国為替平衡操作(為替介入)にはいくつか種類があります。

1.単独介入・・・政府機関や日本銀行が東京市場において市場に参加して外国為替市場介入(為替介入)をする。

2.協調介入・・・銀行などが話し合ったうえで各通貨当局の資産を用いみんなそろってもしくは時々外国為替平衡操作(為替介入)を実行していく。

3.委託介入・・・国外の通貨当局へ向けて介入を委託する。

4.逆委託介入・・・日銀が外国の銀行などに成り代わり外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。

この通りやり方です。

どの場合の為替介入(外国為替平衡操作)も一時、しばらくの間為替のレートに影響力を与えるのです。

外国為替市場介入(為替介入)の金額はさすがに自分の国の誇りをかけているだけにスケールが大きいです。

円を例にして説明すると、普段はほんの少し変化している円相場が数円の変化をします。

個人投資家の人でしたらこれまでに経験したことがあると思いますが、それまでは順調に含み資産(あるいは損失)が増加していたポジションをキープしていたところで、持っている保有高が決済となりましたと情報がFX業者の発信でEメールが届き。

どのくらい儲かったのかな(損したのかな)?と思いつつ決済データを見たら、自分で予想していた結果とは反対の結果でびっくりしたといった話がよくあります。

為替の介入が実施された場合によくある話です。

以上のように為替の介入を行うと為替市場の変動と正反対の変化をします。

しかも変動する金の幅は相当でかく変動するため注意が必要です。

Category

リンク